スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

帰宅後のキッチン

 にゃ!猫好きです!今日は久々の土曜日休み~

  猫な話

 先日、会社帰りに嫁さんと合流して、食事。20時頃帰宅。

「猫達、お腹すかしてるだろうねぇ」

なーんてことを話していた。

そして帰宅すると…











DSC_7710.jpg


喰われとる!



DSC_7711.jpg


肉みそにんにく味…これ3パックやられました…

他には被害なし。そんなに肉みそにんにく味が食べたかったんだろうか…



猫の豆知識

両目の色が違うことを、オッドアイっていうニャ!とても、珍しいことなんだニャ~

 良かったらポチお願いしますー
  ↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:0 

一門に新しい仲間が来たよ^^

 にゃ!猫好きです。


  信onな話


 先日の記事で、一門加入のお知らせが来て、そのまま承認せずに落ちてしまい、翌日も忙しくインできず。
ようやくインしてみると、一通の信書がきており、申請を取り下げたとの知らせ…

そして今日、その方にお詫びの信書を送ると、対話が。どうやら申請してきたキャラは他の一門に加入したとのことだが、他のキャラを入れて頂いてもいいですかとのこと。快く承諾^^一門設立以来、久々の新人さん加入となりました^^

 私が筆頭の『猫が如く』 

まさに一門名の如く、自由気ままな一門活動。キャラ数は多いが、中の人は4~6人だろう。今のところ、活動している人は、3~4人ってところ。しかも活動時間がバラバラなので何日も会わないってなこともある。

基本的に、活動内容は個人の自由。特に縛りもなく、かなりゆる~い一門である。

 しかし、時間が合えばそれなりに攻略行くべーって話になり、攻略に行く。今回加入した方もまだまだ九州など攻略していないので、時間が合えば一緒に行きたいと思う^^

 今回加入してくれた方も猫好きとのこと。2猫を飼っているそうだ^^これから猫話に華が咲きそうな予感w

 
 一応、一門ダンジョンの進行状況は…

鬼門 1までw  

松島 まったくやってないw

人取橋 3まで

小田原 2まで

関ケ原 4まで



う~~~~ん、まだまだ沢山あるなw

募集欄で見かけたらよろしくお願いします


猫の豆知識

猫の祖先は約5500万年前の「ミアキス」という種が起源にゃ。実は犬も同じ祖先ニャ~

 楽しいブログが沢山あるよ
  ↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

春眠暁を覚えず…

ニャ、猫好きです。
携帯からカキコ

信onな話

最近、インしてやることといえば、城下町育成、城とも巡り、桶って手形集め。そして必ず眠くなる。たまにモニターに平伏しながら寝落ち。
昨日も意識が朦朧。落ちようとしたら信書が届く。開いてみると、一門に入りたいとのとと。私は薄れる意識の中、その人へ対話を入れてみるが、すでにログアウト。
あいさつの意味も込めて、信書を送ろとしたが、



途中で寝てた…


まだ承認してなくてごめんなさい。

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

凄く恥ずかしかった誤爆…

 にゃ!猫好きです。

 信onな話


 まだ鯖が統合する前の嵐世紀鯖の時の話。

 私は今は浅井に居るが、最初は織田家に仕官していた。

 私が織田に仕官した当時からの同盟国は徳川家だった。たぶん私が来る前からずっと織田と徳川は同盟関係だった模様。そんな織田と徳川、ある時から突然、同盟が決裂し、敵対に。国政にあまり関わらない私にはよくわからなかったが、どうやら、伊勢を巡って、先に言った、言わないなど、なにか徳川を怒らせたらしい。詳しいことは分からない…

 巷では「徳川がせめてくるらしいで!」 「まじかぁ!?」 「やりたくないのぅ><」「なんで?どして?」
などなど、色々な憶測が飛び交う。そしてメンテ明け。本当に徳川が織田に侵攻してきた。

 初日は皆、今まで共に戦ってきた徳川とはやりたくないと合戦場に足を運ばなかった。しかし、徳川さんのほうはやる気満々!無人に近い織田陣を次々と攻め落とす。

こんなことが2,3日続いただろうか。さすがの織田民達も、「こりゃ、徳川さん本気やで!」ということになり次々と参陣。私も、連日合戦三昧。

しかし、最初の陣での戦果差が激しく敗北。当時は現在のような天下ポイントではい。敗北すれば国力が減り、0になると滅亡である。この戦いを境に完全に織田VS徳川の戦いが始まる。2週連続で合戦。1週休み。また2週間合戦という超寝不足なスケジュールw

 そんな陣取り戦の最中、ゲリラに参加。確か、中陣か、後陣だった記憶がある。しかし、ゲリラでの構成はとても不安定。ちゃんとした構成は覚えていないが、とにかく回復が居なかったことだけは確かである。

先陣、中陣副くらいなら、回復なしでも行けるが、その後の陣ではちときつい。

 覚えているのは間違いなく私の忍法が痛恨の一撃を喰らい昇天したこと。そして施設で、回復救援を要請。
タイミングを合わせるために、救援の準備が整ってから抜けることに。

「救援準備整いましたー」

「了解ー!」

そして私は、離脱を選択。そして叫んだ。











 「むけたーーーー!!!」


「wwwwwwww」



いや、ぬけました…



私設では大爆笑。


 今でも思い出すと顔から火が出るほど恥ずかしい思い出です…


猫の豆知識

 猫の血液型にO型は存在しないニャ~。ちなみに、ほとんどの猫がA型だニャ


楽しいブログが沢山あるよ
 ↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:4 

そんなに食べたいか?

 にゃ!猫好きです。


 猫な話


 先週から、嫁さんの具合がいまいちよくない。どうやら妹に風邪をうつされてきた様子。

 熱はないのだが、喉がイガイガ。体がだるい様子。それでも、夕食は作ってくれるので感謝である。

そんな先週、嫁さんは自分用におかゆを食べていた。台所には鍋に入ったのこりのおかゆ。

 晩御飯を食べていると、台所からなにやら物音。 覗いてみると、ポッキーとチポンが鍋の蓋をこじ開け、なかのおかゆをすくいだして、ペロペロ。

おかゆにはネギが入っていたので猫が食べると危険。私が近づくと

 「あ、やべ!ばれた!」

といわんばかりにスタコラーと逃げていく。猫達も悪いことをしているってことは分かっているらしい。

私は、蓋の上に、重ーい鉄の鍋の蓋を置いた。料理をやる人ならわかると思うが、STAUBという鍋である。

DSC_7694.jpg

この鍋、オール鉄で、かなり重い。私は料理が出来ないからわからないが、かなりいいらしい。いつの間にか嫁さんが買っていた代物である。

この蓋を置いておけば流石に平気だろうと思い再び晩飯。

しばらくすると



ガッシャーーーーーーン!!!


見に行くと、見事に蓋が落とされ、またペロペロしてる。そこで嫁さんが一言


「そんなにあのおかゆが食べたいのかね!?」

 確かに、猫にとって、おかゆってそんなに食べたい物なんだろうか…


猫の豆知識

猫の全体視野は280度。斜め後ろの獲物も見れるニャ!


 楽しいブログが沢山あるよ
    ↓↓↓
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
 

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:0 

朝から痛い!

ニャ、猫好きです。今日も仕事 トホホ
携帯からカキコ

猫な話

今日の朝、まいどのことながら、猫が起こしにくる。最近は爪を出し顔を チョンチョンとしてくる。
まだ寝たい私はうつ伏せになり防御。

息ができない!

今度は意表をついて、仰向けになってみる。
すると、攻撃された場所は鼻!

見事に爪が鼻の穴に入り、内側の粘膜を傷つけた。

余りの痛さに起床。猫達にごはんをあげ、洗面台で歯を磨こうと、鏡を見たら、鼻から血が出てた。

マスクして寝ようかな
因みに犯人はポッキーでした。

ではまた今夜~

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:0 

猫への思い

 にゃ!猫好きです。


 今回は私が昔飼っていた猫達への想いとある猫との別れの話。


 私の父は、大の猫好き。父も幼少期に猫を飼っており、アルバムを見せてもらうと、白黒写真の飼い猫の写真がある。そんなこともあり、私が物心ついたときには、もう家には猫がいた。最初の猫の名前はミーコ。綺麗な白が多い三毛猫。ミーコは随分と長生きした猫だった。たぶん15年以上は生きていたとおもう。

我が家は基本的に外飼いだったので、毎年のように、子猫を生んだ。当時は毎年子猫が生まれて喜んでいたが、今思うと、毎年親離れしていく猫達は野良ネコになっていったわけで、その中には他の家に飼われた猫もいるだろうが、交通事故に遭った猫、保健所に行った猫達もいることだろう。このことを考えると今でも心がつぶれる思いだが、当時は子供だったこともあり気が付かなかった。

 私は、この過去の猫達への罪滅ぼしという思いではないが、スーパーやコンビニなどで、動物愛護の募金があれば寄付している。子供の頃の私は、猫好きであっても、猫を本当の意味で愛していなかった。
 
 そんなミーコが生んだ猫の中で、ある一匹の猫がいた。名前は『かんたろう』しかしメスである。通称、かんぶー。当時流行っていた『北風小僧のかんたろう』から名前をとって姉が命名。模様がまだらな三毛猫だった。

 数多くいた猫達の中でなぜこの猫を覚えているかというと、この猫、親離れしなかった。ミーコに怒られても、しらんぷり。兄弟達は独り立ちし、居なくなったのだが、この猫だけは家に居続けた。

そしてかんぶーも子猫を産むようになる。猫は一度に3~4匹の子を産む。いえではミーコとかんぶーが一度に出産して、一時、10匹なんてこともあった。そんなことが数年続くが、ようやくこれではいけないということになり、避妊手術をする。この頃にはすでに、ミーコはいなくなっており、家にいたのは、かんぶーと最後の子猫2匹。

 数年たった頃、かんぶーの体調が悪くなる。ご飯を食べようとするのだが、口の中が痛いらしく、うまく食べられない。ウェットのご飯にするが、それでもうまくいかない。

 この頃、勤めていた会社で異動があり、私は工場勤務から、外のサービス部門に移る。基本的に時間が不規則で休みもない。朝早く出て、夜中に帰る日常が始まる。

 しばらくはがんばってご飯を食べていたかんぶーだが、次第に食べなくなり痩せていった。
父も仕事で毎晩遅く、姉は結婚して横浜に。母は基本的に動物がダメ…
私はなんとか休みをもらい病院に看てもらった。

病院で看てもらって、薬を貰えば、きっと良くなると信じていた。しかし病名は、



 猫エイズが原因の口内感染症…


 もう回復の見込みはないと宣告された…


 私は後悔の念で心が潰れそうになった。なんでもっと早く病院に行かなかったんだろう。

一応口の中の腫れを治す薬をもらう。一時的に食欲は回復した。少しばかり太った。私はこのまま治るんじゃないかと思った。しかし体調はまた悪くなり始める。口が痛いため、口を閉じれず、よだれがでて、グルーミングもできず、次第に野良ネコのようになっていってしまった。

そんな時、私は1週間の出張。出張先から毎晩家に電話をしてかんぶーの様子を聞いていた。ところが3日ほど前から居なくなったと母が言う。私はもう仕事どころではなかった。

 そして忘れもしない12月23日

 出張から帰ってきた私は代休をもらい家にいた。まだかんぶーは戻らない。そんな日の夜中、部屋の窓をカリカリっと擦る音。外を見ると、そこには寒い中、かんぶーが座っていた。私は急いで部屋の中へ入れて、寒さで冷え切ったかんぶーを布団にいれ温めた。布団が汚れようと、服が汚れようとそんなことは関係なかった。
 私はかんぶーを抱きしめ、いつの間にか泣いていた。1時間くらい布団で温めただろうか、私はグルーミング出来ないかんぶーの代わりに綺麗に体を拭いてやりマッサージをする。すると私の顔を見ながら

 にゃ

 と小さい声で鳴いた。

すると、窓の方へ行き、またカリカリ。トイレかな?っと思い

「寒いから、早くかえってくるんだぞ」

と言い、かんぶーを外に出す。しばらく待っていたが、かんぶーは帰ってこなかった。いつの間にか私は寝てしまっていた。

そして朝、母の声で起こされる。ふと母の顔を見ると目には涙が溢れそう。

私はその母の涙の意味をすぐに理解した。



そして家の脇で倒れているかんぶーがそこに居た。




さっきまであんなに温めた体が冷たくなっていた…


私は冷たくなったかんぶーをタオルに包み、さっきまで一緒にいた部屋に戻る。

私はたぶん今までの人生の中で一番泣いた。

いつしか泣き疲れて、眠ってしまった。

夕方起きると、横浜から姉が来たらしく、アルコールで更に綺麗にかんぶーを拭いてくれて、きれいに箱に入っていた。



 最後に私に向かって鳴いたのは、かんぶーなりの最後の感謝の気持ちだったかもしれない。


 現在、我が家には3匹の猫達が元気に走り回っている。完全室内飼いなので、事故や外からの病気の心配もない。しかし、もう二度とあの時のような後悔はしたくないので、予防接種や少しでも具合が悪いと病院の先生に相談する。

本当に猫を愛するということを教えてくれたかんぶー。

その存在は私の心の中で今も元気な姿で生きている。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:2 

今川義元さんに会いに行ったよ

 にゃ!猫好きです。


 信onな話


 昨日の夜、インして、しばらく桶っている最中、ふと、検索を見てみると、

『今川義元、お試しな感じで』

という募集があり、忍法を指定していた。私はまだ麻呂に会ったことがなかったので、対話を入れ徒党に混ぜてもらう。ぼちぼち党員も集まり、いざ、麻呂の待つ桶狭間ゾーンへ。

 今回のダンジョン赤Nはそんなにいないイメージだったので、簡単に麻呂の元へ行けるだろうと思ったが、
まー嫌な位置に赤Nが配置されているではありませんか!何回か赤Nに捕まりながら、なんとか麻呂の陣へ到着。
党首さんが用意した釣り用のキャラが周りの赤を釣り、無事全員麻呂の目の前に集合。
 
 徒党員のほとんどの人が初体験。党首の方も、知人から聞いた情報や、寄合の情報しかない。どうやら、3と6の神がやばい術を撃つらしいとのこと。ま、とりあえずやってみましょうということで戦闘開始。
しかし、いきなり麻呂軍団がこちらの旗を見透かしたかのように、旗に集中攻撃。なんと1ターンで折れw

「これでは納得いきませんなw」「露骨に狙って来ましたねぇw」

ということで、リベンジ開始。初回よりはよかったが、沈黙がきたり、麻呂の式神の眼光がきたりで、折れ。

 開始が遅かったこと、移動でなんだかんだ時間がかかったこと、怪我待ちの時間などがあり、3戦目の開始前に徒党員さんの一人が次ラストということとなり、三度目の正直と思った3戦目。
まーなんかいろいろえぐい攻撃が来て結局1体も落とせず折れ…

 こんなに歯が立たなかったのは左近以来かもと思いつつ、久々のボス戦ってこともあり、楽しい時間を過ごせた。

 今回はほぼ皆が初ということで、怪我待ち時間などには、あーだこーだと色々考えそれを試してみるといったオンラインならではの楽しさも改めて実感したそんな夜でした。

今回、印象に残ったことは、麻呂は強かったってことと…


 義元さん、顔色悪かったw


猫の豆知識
 
 猫の目の色は、体毛の色と密接に関係してるニャ!例えば白色が多い体毛のネコの目はブルー・グリーンの色が多いニャ

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

アメショのお屋敷

 にゃ!猫好きです。

 さて、鳳凰から追加された、城下町。私の城下町もおかげさまで20万石に到達。これからは銭と、資材のバランスを考えながらやらないといけないらしいので、難しいですが、気長にやって行こうと思います。

 さて城下町は建設できる建物の種類は決まっていて、しかもむやみにやたらに建てるとバランスが崩れてしまう。結局、城下町というコンテンツは配置場所は好きなように出来るが、配置するものはある程度規制がかかる。まぁ、城ともの施設を拝借するつもりで、好きな建物を好きなだけ建ててもいいのだが…

 一方、以前からある屋敷システム。こちらは、作りこまなくても、作りこんでもまったくメリットデメリットはなく、まさに自己満足の世界である。私はこういうのは大好きな方なので、屋敷作りに3日、4日平気で屋敷に籠る。欲しい家具があれば、少々ぼったくってるな!って思いつつも買ってしまう。

 そんな屋敷を今回はご紹介。



紺碧 アメショ_27

 定番の囲炉裏ですね。ちゃんと、タバコとみかんを常備してます。


紺碧 アメショ_37

 台所。野菜は朝市で買いましたw


紺碧 アメショ_25

 今年は鳳凰の為なかった、ひな祭りイベントでの景品。公式見ながら、配置したのを覚えてますw



紺碧 アメショ_24

 大好きなにゃがとのコラボ東西戦のときの景品



紺碧 アメショ_30

 拠点戦の大名撃破で手に入れた鎧の家具。お気に入りです。



そして…






紺碧 アメショ_29

 余ったひな祭りの段々で作ったw



紺碧 アメショ_6

お庭と愛ネコのマカロン。



 DSC_4361.jpg

関係ないですが、我が家のチポン(幼少期)



 以上、お屋敷紹介でした。



猫の豆知識

 猫は、狩りの時、目は獲物に集中しているため、ひげなどで感覚的に障害物を避けてるニャ。すごいニャ~


 にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

無印時代を振りかえるpart6-2

 にゃ!猫好きです。


 前回の続きな話


 かしこみが言いたいという、なんともトンチンカンな想いにかられた侍(中の人)。

死の頭巾に関して情報を集める。どうやら遠江にいる、坊主やら、カエルやらが落とすらしい。私は早速知人やら野良さんを集め、いざ、遠江を目指す。

当時は馬などはなく、目的地までひたすら走る走る。敵対している人などは、抜け道を利用してその場所までいく時代であった。

遠江の北の方にある茶屋に集合をかけ、ぼちぼちと集まり始める。そして狩場に行くと、まー人が多いw
流石、人気のアイテムだけあって、自分に使う人、売って一攫千金を狙う人など、目的は様々だが、とにかく4~6徒党はそこにいた。

当時の狩りはフィールドの敵がほとんどである。ゆえに、2,3徒党で狩りをすればたちまちNが枯れる。
現在の独眼竜や、九州などはその徒党だけの狩場なので枯れることはない。しかし当時は叩き負けると、経験も修得も一切できないという、まさに弱肉強食の時代である。これがあったから当時は単純なN狩りも眠気に襲われず、集中して出来たと思う。

 さて、そんな激戦区に飛び込んだ私達。すでにNは枯れ、何人かがグルグルと辺りを走り回りNを探している様子。私たちは、動き回らずに、湧く場所の近くで待機。しかし、周りには他のライバルたち。視点をグルグル回しNが湧いた瞬間、叩く!これが遅いと、待ちぼうけである。

「チキショー!また叩き負け><」

「くそぅ。あの人完全に、湧く時間計算してやがるwしかも場所も完璧すぐるw」

「あの人、マークしようwばれないようにw」

「あ、フェイントされたw」


まさに狩場は、欲望と殺気に満ちていたw。

何度か戦闘は出来たものの、死の頭巾はドロップせず。まぁそんな簡単に落とすわけもなくその日は解散した。

それから1週間、通い詰めたがまったく出る気配がなく、私は死の頭巾を断念。

ある日、採集していると、知人から対話が。

「おーい、頭巾手に入ったw」

「まじかー!いいなぁw」

「あげれないけど、貸してあげるw」

「うほwありがとう^^」

そして私はその知人から死の頭巾を貸してもらう。やっとかしこみかしこみ言える!私はドキドキしながら、死の頭巾を使ってみる。









 ハァァァァァァァァァァ!






はぁ~!?


そう侍では「かしこみ」は言えない。

ハァァァァーと言い続ける侍。

かしこみ、かしこみもーーすとモニターの前でくちずさむ中の人。




そして…










その光景を心配そうに眺めている母がいた。



 完



猫の豆知識

猫の年齢を人間に置き換えると、生後1年で人間の17歳相当まで成長します。それからは1年ごとに4歳歳をとる計算になるニャ。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

無印時代を振り返る part6

 にゃ!猫好きですよ。

 前にも書いた、無印時代の記事。意外にも好評!?だったので、不定期ながら、また書いていこうと思います。
実は書いてる本人も結構ノリノリで書いてましてw


 信on無印代の話


 鍛冶屋は、どっぷり生産にはまり、武田民なのに、山賊町に籠る。なぜ山賊町かというと、炉と両替がめちゃめちゃ近く、徒歩10歩ぐらいな感覚である。地獄の包丁ノックを終え、色々生産できるようになり、狩りなどは完全にスルーして山賊町で一人トンカチを振っていた。そしていいものが出来ると、甲府に戻り、商売をしていた。

 鍛冶屋は生産がやりたく作ったキャラなので、器用10振りのがっかり鍛冶屋であったため、当然攻略には行けない。しかし攻略したいということで、新たに侍を作り、そのキャラで攻略などをしていた。
今回はそんな侍の話。


 当時の庶民の金策と言えば、採集である。拾ったものを売る。シンプルで確実に儲けが出る。今ではモバイルがあるので、採集している人はほとんど見かけない。余談だが、当時は『採集徒党』なるものが存在した。徒党を組み、お喋りしながら採集するという徒党である。暇になりがちな採集も楽しくなり、たまに会話に夢中になり採集が疎かになったほどだw

 私も庶民だったので、暇を見つけては採集していた。
その日も採集していると、タタターと一人の可愛らしい巫女さんがやってくる。私はボーと気合待ちしながらその巫女さんを眺めていた。最初はその巫女さんも私と同じく気合が切れると待機。そしてまた採集。

 しかし、そこに、その巫女さんの知人らしき人がやってくる。なにやら話し込んでいるようである。その光景をボケーとしながら眺める。そしてやってきた知人さんは去っていき、また巫女さんは採集を開始する。

 それからしばらく採集していると…

突然…






 「やおろずの、やおろずの、やおろずの… かしこみかしこみもーす」 

なにやら巫女さんが、かしこみかしこみ言っている。最初はなにか技能でも使っているのかと気にもしなかったが、よーく観察していると、ミルミル気合が回復していき、逆に生命が減っていく。

 与生気か?


いや、与生気はならむしろ、私の気合が回復していいはず。あれは与生気ではない。私は巫女さんに聞いてみた。すると、

「あぁ、死の頭巾ってアイテムを使ってるんですよー。うるさかったらごめんなさい^^:」

 


 死の頭巾。それは生気変換という効果が付いている。当時大人気だったアイテムである。

私は名前だけは知っていたが、その効果は知らなかった。

こりゃ、便利だ。ていうか…






 かしこみ、かしこみ 言いたいー!


 って本気で思う。




 なのにねw


しかし当時は言えると信じていた…


  つづく



猫の豆知識


 もし、飼い猫の口臭がきつかったら、病気の疑いがあるにゃ!早めに病院で看てもらうニャ


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

そういうことか~

ニャ、猫好きです。携帯からカキコ

信onな話


鳳凰が始まってから、なんだかんだ毎日インしてます。理由はやはり城下町ですね。
徴収しないともったいないという心理が働き毎日せっせとやっております。

実装当時、城下町なのになんで、城がないんだ!?って思いましたが、20万石になると、入り口の後ろに城が建つようですね~昨日城ともさんの中にも居たので見てきました。
なかなか立派なものです。音楽も変わるみたい。
昨日も申請が一件ありました。ありがとう~
でわ、また今夜~

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

小さい、前歯

 にゃ!猫好きです。

 
  猫な話


 我が家のポッキーは、甘えん坊。クッキーやチポンはどっちかというと、ツンデレ。甘えるときは甘えるが、普段はつれない猫達である。今まで沢山のネコを飼ってきたが、経験から言うと、オスの方が甘えん坊な傾向があるなぁと思う。

 ポッキーもかなりな甘えん坊である。

 我が家は室内禁煙なので、外でたばこを吸う。一服おわり、玄関を開けると、そこにはポッキーがいつも待っている。頭をスリスリしてきて、抱っこをせがむ。もうすでに甘々モード。私は重いポッキーを抱っこして、部屋に戻るのが日課である。抱っこしている最中も、のどをゴロゴロ鳴らせて、手はモミモミしている。
なんとも幸せそうである。

 そんなポッキーは私の膝の上が大好き。パソコンをやっている時、ゲームをしている時などは、ほぼ毎回乗っている。そして膝の上でクルンと体を丸め寝るのがお気に入りらしい。

そんなある日のこと、私が信onをやり始めると、即座に膝に乗ってきて、スヤスヤと眠り始める。
しばらくはなんとなく起きていて私の声にも反応していた。

 しばらくすると…




すぅー …   すぅー …  すぅー … ぴー …





どうやら完全に落ちた様子。猫はあまり、熟睡はしないのだが、普段チポンに追いかけまわされ、身体的、精神的に疲れていたのか、爆睡しているようである。

 私はゲームを一時中断して、口を半開き状態で寝入っているポッキーの口に指を入れてみたwなんとも言えないフィット感wそして、舌のザラザラ感。

しかし、まったく起きる気配がない。私はさらに口を開け、普段あまり見られない口の中や、舌などを観察。

「ほぅーやっぱり、舌のザラザラ感はこの細かい突起物のせいかー」 

「こんな尖った牙で噛まれたら痛そうだなw」

などと、観察。よーく見てみると、なんとも小さい前歯を発見。


「こんな小さい前歯、意味あるのかな?」

と思いながら、しばらく口の中に指を入れていた。こんな感じ。



   ↓○↓
   牙 指 牙

たまにピクピク動くポッキーだが、まだ熟睡しているようである。



しばらくそのままの状態ででいると…




  カプッ











イテ!イデデデデデデデデデデデデデデ
 




 夢の中で獲物でも捕まえたのだろうか?それほど強い力ではなかったが、先ほどその存在を甘く見ていた前歯がなんとも痛いw

あんな小さい前歯でも、噛まれると痛いことを身を以て知った、そんな昼下がりでした。


猫の豆知識

記事でも書いた猫の前歯。名称は切歯といって、上下に6本ずつあるニャ。おもに獲物の羽や毛をむしるために使われるニャ。小さくても重要な歯なんだニャ
  

 よかったらポチっと^-^

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:0 

城下町、どうしよう。

ニャ、猫好きです。携帯からカキコ

信onな話


昨日、城とも巡りしていると、偶然長尾さんにバッタリ。しばらくお喋り。長尾さんの町は綺麗に配置されていて、いいなぁって思う~
私はなんとなく配置してる。しかし、ばるさんさんの施設のss見たらなんか素敵な見た目の施設が沢山w
私はこういうのは大好きでしかも凝り性。
屋敷などもかなり考えて作り込む。

やばい、なんか、ちゃんとした町が作りたくなってきたw

まだスタートして一週間。今ならまだ作り直ししても、傷は浅いはずw

とりあえず、オマケでついてきた20万貫使って研究しまくるかな~

城とも申請してくれた人、ありがとう~

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

遅かった…

にゃ!猫好きです。


   猫な話


 先週から、ずっと残業。普段は、夕方6時30分には家に帰宅。夕食を食べてから、日用品で足りないものがあれば買いに行く。しかし、先週からの残業でそれも出来ないでいた。

そんなある日、猫のトイレ掃除をしていると、だいぶ砂が汚れている。

「あぁ、そろそろ代えないと、またやられるな、こりゃ」

と思い、在庫を見てみると、もう残りわずか。うちには2個トイレがあるのだが、猫たちはなんとなく、こっちはおしっこ、あっちはうんちと使い分けている。私はとりあえず、使用頻度の高いおしっこの方の砂を新しいものに替えた。替えたといっても袋に残っていた少しの砂を入れただけである。

 「まぁ、これで、2,3日はもつかな?」

 そして昨日、掃除をしているといよいよおしっこの砂がなくなってしまう。もう時間も遅いし店は開いていない。仕方なく、うんちの方の砂を少し入れて応急処置。私は猫達に

 「明日、買ってくるからね。1日だけ辛抱してね^^:」

と言って、今日の朝、仕事に出かけた。

そして今日。仕事帰りに、猫砂を10キロ購入。今日は嫁さんがパン教室なので、帰りがそこそこ遅いので、近くのスーパーで夕食を買って、食べていた。すると、なにやらクッキーがコタツ布団の上でガリガリ…


 ん?   



 クッキーさん、なにをしているのですか?



 クッキーは、しつこくなにかを必死に隠しているご様子…



 クッキーをどけてみると…なにやら、円形に湿っている…


 ま、まさか… 私は恐る恐る匂いを嗅いでみる…









 くっさ~~~~~~~~~い


 また、やられた…

 私は、急いで砂を替えた。すると、3匹の猫たちが寄ってくる。


 やっと、新しい砂が来たニャ!早く替えてニャ!

 私が砂を替えると、3匹が我先にとトイレを使用。

 あぁ、ごめんね…


 しかし、困った。コタツから、布団をとったら、まるで意味がない。

 と、とりあえず、これでいいか…





DSC_7578.jpg


毛布…つんつるてんじゃん…


猫の豆知識

 猫は食事を一気に食べると吐くことがあるニャ。量を少なくしたり、お水足したり(カリカリご飯)してみてニャ。もし、改善されなかったら、病院にいってみてニャ。


現在、コタツ布団洗濯中…


良かったらぽちっと
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:4 

コタツの中の攻防

 にゃ!、猫好きです。

  

  猫な話


 うちでは、コタツを導入してからというもの、人もネコもすっかり魅了されてしまい、コタツで寝て、起きたら朝なんてことも最近多くなってきた。当然猫達も寒いので、暖かいコタツの中でひっくりかえってるわけで、コタツの中は常に満員御礼状態である。

 そんなある日のこと。

 私はコタツでうたた寝していた。丁度、眠りに落ちるか落ちないかの、なんとも幸せな感じである。そんな時、足になにかひんやりしたのもが乗ってくる。

 ん??・・・・あぁこれは肉球だな。

 夢と現実の狭間の意識の中で、猫に触られるというなんともいえない幸福感。しばしそのままにしていた。
しかし、コタツの中とはいえ、肉球は少しひんやりしている。私は、なんとなく足を動かし、肉球をどける。

しばらくると、ピタ。足を動かす。離れる。しばらくすると、ピタ。の繰り返しである。

こんなやりとりを何度かしていると、今度はなにやら、フンフンフンと匂いを嗅いでる様子。サワサワとひげが足に触り、くすぐったい。この攻撃から逃れるべく足を動かすが、ひつこくフンフンしてくる。すると今度は

ペロッ

 猫の舌はなめらかではなく、ザラザラしているので、なめられると、結構痛いのである。
私の足から、どんな美味しい匂いがしたのかは不明だが、その後も

ペロペロペロペロペロ…

 もぅ!!誰??っとコタツの中を覗くと、チポンがなにやら美味しい口をしながら、足をなめている姿が…
私はめくれていたズボンを元に戻し、これで一安心と、またコックリコックリうたた寝。

 すると、今度はズボンをガリガリ…しばらくほっといて様子を見てみることにした。そのうち見事にズボンは、めくられ、またそこをペロペロ…

私はたまらず、コタツから出て、チポンが嗅いでいた場所の匂いを嗅いでみた。









まぁ、無臭。


それからしばらく、しつこくフンフンされました…一体、どんな匂いがしてたんだろう…


猫の豆知識

猫は動いている物には敏感だが、止まってしまうと分からなくなってしまうにゃ!


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

 

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:4 

鳳凰での感じたこと

 にゃ! 猫好きです。


  信onな話


 さて、鳳凰の章になってから、3日目。みなさん、がっつり楽しんじゃってますか?

私も、短時間ながら、それなりに楽しんでます。城下町や家臣団、桶狭間のまきこみ戦闘などなど。

 しかし、城下町はちょっと予想していたのと違って、すこし残念な仕様だった。他の方のブログでも書いてあるが、まず、誰の城下町すらわからない仕様。しかも、キャラクターの名前と違って、同じ名前の城下町が複数存在することが出来てしまうこと。運営は実際にこのシステムを試験したのだろうか?社員3人がお互い誰のかわからないように申請するテストプレイをすれば、おのずと、「これ、誰の城?」ってことになるだろう。


 今回の『城とも』も、本人の名前がわかり、いつでも対話出来るようになれば、鯖を越えた交流も生まれるだろう。城下町には掲示板を設置すれば、時間が合わない人達でも、交流できるはずだ。しかし今回の仕様はそれが全くない。そもそも名前も知らない人とどう交流すればいいの?って感じである。これらが改善されれば、運営が目指した、ソーシャルゲームのような、浅く、広く の交流が生まれるだろう。

 あと桶狭間は、瓦+拠点÷2な感じ。ポイント貯めるなら、独眼竜の方が早そうだが、単純作業のポイント狩りよりは構成によってはハラハラする桶狭間は飽きがこないので、のんびり毎週1か所だけって人なら、ここはいいかもしれない。手形も多く入るし^^

しかし、鳳凰の章になってから、信onの狩りは完全に『ポイント集め』になってしまった。少々寂しい感じである

そのうち・・・







 毎週土曜、日曜はポイント2倍デー♥


 とかやりそうw


 猫の豆知識

猫は野生時代のなごりからか、高い所が大好きニャ。室内飼いの場合は、ぜひ、キャットタワーを用意してニャ


 にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
 

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

城とも申請ありがとう

ニャ 猫好きです。
携帯からカキコ

城とも申請くれた人、ありがとう~誰が誰だかわからないところが残念。掲示板とかあればいいのに~

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

なんとか羽ばたけましたw

にゃ!猫好きです。

 信onな話

 ホントに2時間かかったw。一応、鳳凰できた~。

 とりあえず、城下町やら、家臣やら、秀吉戦記を体験!


 もう、朝の4:00・・・

 とりあえず、寝よう。感想はまた後日~

 あ、城下町の名前は

 アメショの里  です^^よかったら城ともになってください^^(承諾は夜になりそうです)

 ではおやすみなさいzzz

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

鳳凰だ!羽ばたけ!って羽ばたけないw

 にゃ!猫好きです。

 信onな話

 えぇ。タイトルのように、まだ鳳凰出来てません…

 サービス開始当日、もう、朝から気になって気になって。しかし、今週は残業週間…まぁ、どうせインするのは夜だしいいかなって思ってました。そして、残業が終わり、嫁さんにメール

 私  「今、おわたーこれからカエルよん」

 嫁  「了解、例のブツ、届いてますよ」

 例のブツとはもちろん、プレミアboxである。はやる気持ちを抑え、安全運転で帰宅。

テーブルの上には、結構大きい箱があった。早速開けてみる。ソフトと、CDと、本が入っている。

パラパラと本を読み、家臣団のことや、城下町のことに心躍るw昼間にも他の方のブログで情報が出ていたので、参考にしつつ、家臣の名前や城下町の名前などを考えていた。

 夕食を終え、早速やってみようとインしてみた。

まず案内役に行き、城下町を!!と思い話しかけたが…

 「鳳凰の章にアップグレードしないとできませんよw」と案内役に言われる。


 あ、やってなかったわ…

急いで落ちて、シリアルナンバーを打ち込む。 しかし適用アカウントがなにか違う…


?????と思い公式やら色々調べてみる。

確か、プレステ2のアカウントと、新星のカウントは別ではあるが、共通アカウントなはず…

まさか…


たぶん…


これって…


 プレステ2のアカウント、アップグレードしないとダメじゃん><


そう、もうシリアルナンバー入れたらアップグレードできると思っていた…

急いで、チケットを買うため、ゲームシティへ。今まで倉庫や、アップグレードするときは、クレジットカードを使っていた。今でも、自動引き落としで継続しているが、なにか前と違う…

 本人認証システム???こんなの前あったっけ?っと思いつつ番号を入力、すると…






このカードは認証システムに適応してません。






なにーーーーーーーー!!


何回もやってみたがダメ…このカードで引き落とししてるんだからいいじゃん…


さぁ困った…カードが使えないとなると、コンビニ決算しかなかろう。しかし今までやったことがなかったのでかなり不安ではあったが、手順通りに進み、無事終了。小走りで近くのコンビニへ。

無事決済も済み、帰って確認してみると、まだ入金確認が出来てないらしい。まぁ、30分もすれば適用されるだろうと思っていた。しかし、説明のところをよく見てみると…







入金確認後、適用には通常、2~3時間かかります。








ぐは!


この情報スピード時代に2~3時間だと!?

 こうして今だ鳳凰にはいけず、こうしてブログを書いてるわけです…

ホントなら城下町や、家臣こと書くつもりだったのに!

ま、自分がうっかりさんでした…猫の豆知識

室内飼いの猫が」たまに外を眺めているが、これは出たいってことではなく、ただなわばりに入ってくる猫がいないか監視してるだけニャ


 はやく適用して~

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

さぁいよいよです!

ニャ 猫好きです。
携帯からカキコ

信onな話

さぁいよいよ今日から鳳凰始まりますな。
予約した商品は夜届くらしい。まぁ残業だし、どうせ夜遅くインだから支障なさそう。臨時メンテがなければw
とにかく夜が楽しみ~
じゃまた今夜~

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

チポン、大興奮!

 にゃ!猫好きです。

 猫な話

 最近、我が家の猫たちのブームは、部屋にある天袋の中に入って、部屋を上から見下ろすことが流行っているらしい。天袋の中には、夏に使うゴザや、座布団などが入っていて、そこに座り、上から見下ろして、満足すると、いつの間にか寝ているというかんじである。

 この天袋に最初に興味を持ち、自力で登れるのは、チポンだけである。その自慢の身体能力を思う存分使い、壁を駆け上り一気に天袋にインするのである。クッキーはもういいおばさんなので、そんな脚力はなく、自力では登れないが、なんともかわいい鳴き声で、上を見て、「乗せてニャ~」と壁の前でおしりをブリブリw私は軽いクッキーを片手で持ち上げ、天袋に乗せる。ポッキーの場合、基本的にどんくさいので登れるはずもない。なので登りたいときは、とりあえず、少しでも高い場所に登り、上に行きたいことをアピール。私は両手で持ち上げよっこらしょっとポッキーを上に乗せる。(ポーは重いw)

 そんなある夜のこと。いつものように寝ながらテレビを見ていると、突然チポンのスイッチが入り、なぜか一人で大興奮!そこらじゅうを駆け回り、尻尾はブワっと膨らみ、まるでタヌキのようになっている。それを見たクッキーは「なにを騒いでるにゃ!?生娘め」と静観。ポッキーは「まきこまれると、めんどくさいことになるにゃ…」と早々にコタツに避難。そんな中興奮しっぱなしのチポン。スタッとテレビの前に現れる。配置はこんなかんじ


  猫      ■■●  壁
  ↑      ↑    ↑
 テレビ   テーブル  私


 壁の上に天袋がある。

 興奮したチポン。ふと目線は天袋。

 嫌な予感…


 次の瞬間、テレビの台からテーブルの上に飛び移り、そのまま私の上ダイブ!!私を踏み台にして一気に壁を駆け上る!

「まったくぅ!もう!」と、文句を言った瞬間









 空から猫が降ってきた


 どうやら、私を踏み台にした結果、助走が足らず、乗れなかったらしい…

 一瞬なにが起こったかわからなかったが、チラっとこちらを見て、スタタタターと逃げるチポン。

 そして私の腕に激痛!ふと見ると、見事に落ちてきた時に爪がヒットしていたらしい…猫にひっかかれるとかなりヒリヒリする。今でもその時の傷は消えずに残っている。

そんなチポンは今日もスタコラとポッキーを追いかけまわしている

 
猫の豆知識

 猫がじっと見つめたり、頭をこすりつけてきたら、遊びたいサインにゃ!猫と仲良くなるチャンスにゃ


 顔の上に落ちてこないでよかった><

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:2 

もうすぐ鳳凰ですねぇ

 にゃ!猫好きです。

 いよいよ、3月7日が迫ってまいりました。他のブログを見ると、もう届いているとか。

私はコーエーでは予約してないので、来るのは前日なのかな?ま、6日からメンテらしいし、メンテ明けのメンテもありそうだしw

 さて、新しい技能のことも、公式で確認。遂に忍法に耐性低下キター!!これに全国の忍法さんは喜んだでしょう^-^

 私が密かにワクワクしているのは、 自分の城下町ですな。箱庭を育てる系は結構好きなので、今から楽しみである。  

 しかしこの箱庭の発想…たぶんモバゲーでがっぽり稼いだ『のぶニャがの野望』を取り入れたと想像する。

毎日コツコツと施設を育て、猫武将達をその施設で強化する。私も嫁がやっていたのを見て、

「これは猫好きなら、やらないとね!」

などと思い、せっせと育成に励む。現在でも絶賛稼働中である。そして『戦友』という仲間がいて、100人まで仲間になれる。この仲間の施設を訪問すると、強化に必要な材料などが貰えるのだ。しかし、助け合うことや、伝言板を使っての絡みなどはほとんどない。たまにはあるけどね^^

 このシステムが『城とも』であろう。しかも、鯖を超えての登録が可能なのである。これは楽しみである。

 たぶん最初に登録するは、知人や、一門メンだろう。しかし、これだけでは到底、




♪ 城とも、100人できるかな~? ♪


なーんてことは不可能であるw。






 
 なんか、募集欄使って









『城とも募集、絡みなし。なるべく訪問出来る方』


とかありそうw


 猫の豆知識 

 猫は、生後6か月までに食べ物の好みが決まるらしいニャ。


 他の鯖の人達との交流も楽しみだなぁ^-^


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

無印時代を振り返る 最終話

 にゃ!猫好きです。

 前回の続きで最終話な話


 さて、意気揚々と指定された採集場に着いた鍛冶屋。早速知人を発見!しばし、雑談をして目的の木材を貰うことに。「じゃ、開くよー」 「あいーよろしく」 受け渡し画面がみるみる木材で埋まっていく。確認を押して受け渡し完了。その瞬間…

 「重量が2倍を超えました。このままだと動けなくなります」的なログが…

 

うーーーーーーーん、重!!!


知人  「大丈夫?動ける?」

私   「うん…重いけどなんとか…」

私   「ありがとう^^またよろしく^^」

知人  「あいよー。帰り道気を付けてねー」


 知人はまた採集を続ける。

 
 私は甲府に向かう。


 ぜ




 ん 




 ぜ




 ん



 す



 す


 ま


 ない…

 

 2倍を超えると走れなくなる。さらに3倍を超えると動けなくなる。たぶん2.5倍くらいだったと思う。

 後ろを振り返ると、まだ知人がタゲれる距離しか進んでいない。


 こ、こりゃ、甲府まで30分はかかるぞ…と、思いながらひたすら甲府を目指す。

 心の中の悪魔が{木材捨てれば、楽になるぜ~ケケケw」とつぶやく…しかし折角もらった木材を捨てるわけにはいかぬ。

 がんばって歩いていると、先ほどの知人から対話が


 「まだ、そんなとこ歩いてたんだw重かったら捨てていいのにw」





 あぁ…   助かった…


こうして、道端に木材をポイポイと捨て、身軽になり、スタタタターっと軽快な足取りで無事甲府に到着。


 両替に預けておいた、大量の砂鉄と木材を担いで、炉の前に立つ。 生産目録の確認、ヨシ!皆伝を目指す目録は、鍛冶基本書・難易度3である。この目録の最初にある『鍛冶之ろ』を皆伝すれば、鉄や銅などを生産できるのだ。難易度3などすぐ皆伝出来るだろう…

 しかしその考えは甘かった… まずは試しにを包丁を、カーン、カーンと製作。すると…


 経験値○○を獲得しました。

 修得値を獲得しました。








 ガビーーーン… 




 1つの目録を皆伝するのに、2500と数値は今も昔も変わらない。

ということは、包丁を2500本ノックしなくてはならないのである。たまに業物が出来ても貰える修得値は2か、3、焼け石に水である。

 なに、このマゾ仕様…

 それからは、ひたすら砂鉄を採集しては包丁を作る。
包丁は店売りすると、9文なので砂鉄さえ自前で用意すれば赤字にはならなかった。こうして何日かかったのかは覚えていないが、地獄の包丁ノックは終了した。

 これが無印時代の一番の思い出である。それからは生産にのめりこみ、狩りを完全にスルーw

 まだ、初の売り子の体験や、のちにメインとなる侍などの思い出話もあるが、また長くなりそうなので、今回はこの辺でひとます終了したいとおもう。

 

 完

猫の豆知識

ネギ、チョコ、タコ、イカはねこにとって危険な食べ物にゃ!絶対にあげないでニャ!


 飽きずに読んでくれてありがとう^-^

 にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:6 

無印時代を振り返るpart3

 にゃ!猫好きです。

 今回、ふと思い出した無印時代のことを書いているのですが、書いているうちに色々なことが思い出されて、なんか長くなっていますが、よければお付き合いください^-^


  前回の続きな話。


 順調に毎日、修得に明け暮れて、スクスクと育ってきた鍛冶屋。当時の修得狩りには特に職などの縛りはなかった。とりあえず7人いれば、連携で1ターンキルだったので、攻撃手段さえもっていればどの職でもよかったのだ。
当時の修得狩りのコースといえばネズミ>蛇>狼や、草の者などなどが定番だった。(甲斐の国の場合)そのあとは駿河に遠征して、夜盗>そろばん坊主>狂陰陽師>野武士と大体決まっていたのだ。
どうして決まっていたかというと、これらの敵は少数ながら、修得が美味かった。現在でも一番稼げる独眼竜のダンジョンが主流のように、当時も一番美味しい敵を求めて皆が同じ狩場にやってくるのである。

 当然、毎日同じ場所で狩っていると顔なじみもできてくる。そこで自然と徒党が出来、知人が増えていく。
なぜ、徒党がいいというと、信onの戦闘報酬システムにある。

レベルが上がるにつれて獲得修得値は下がる。
獲得経験値は等分されるが、修得値は変わらない。
レベルが高い者に多く経験値が分配される。

 つまり、レベルをいかに上げないで、低レベルのうちに多くの技能を修得するかである。

ソロでも雑魚狩りは出来たが、それではすぐにレベルが上がってしまい、しかも修得値も下がるという、まさに踏んだり蹴ったりである。
このことから、当時はあちらこちらで、低レベルの徒党が組まれていた。そこに少しでもレベルが高い人が来ると、もう、拍手喝采である。どんどん経験値を吸い取ってくれるからである。

そんな修得狩り、考えると今のポイント狩りとさほどやっていることは変わらない。ひたすら雑魚を倒す、倒す、倒す…毎日ポイント狩りをやっていると想像してみよう…


 ポク   ポク     ポク     チーン



 アワワワワワワワワ…ゼッタイヤラナイ…

しかし当時はそれが出来ていた。一見、同じ狩りに見えるが、そこには大きな違いがある。それは新しい技能を覚えるという目標と、皆伝した時の達成感。そしてなにより、たわいもないおしゃべりである。無論会話が少ないこともあったが、組んでいるのは同じレベル帯、何度かその狩場で見かけた顔でもある。自然と会話も生まれるのだ。

 現在のポイント狩りでも、修得に頑張っている人もいるだろう。しかし、大半の人は覚醒目的である。覚醒は成長させるのに時間もかかる。もちろん皆伝した時は達成感はある。
しかし、そこまでの道のりが長く、どうしても、来週の為にやっとくか的な作業になってしまう。

そしてポイント狩りは貯まったら解散であるが、当時はそんなことはなかった。それぞれ自分の目標や、落ちる時間になれば抜ける。そしてまた補充っといった具合である。時には党首が先に抜けることも珍しいことではなかった。へたすると、半日とか普通に同じ人達と組んでいた。

ポイント狩りでもおしゃべりしながらの徒党だとあっという間に時間が過ぎ、貯めることすら忘れてる経験はないだろうか?そんなことがほぼ毎日繰り返すのである。


 さて鍛冶屋のレベルもそこそこ上がっていき、いよいよ念願の生産に着手する。生産がしたくて鍛冶屋を作ったので、いよいよである。まずは目録・鍛冶屋の心得・壱で生産できる物をみてみると、

包丁、はちまき、竹の棒、竹刀、槍、竹槍、竹の腹当て、棍棒の8種類。

この中で一番コストが低いのはもちろん包丁である。(木材×1、砂鉄×2)店買いだと、〆て18文である。

しかし、当時は今のようにクエを案内役に報告すれば貫がもらえるなどということは一切ないwあくまでも自分で貫を稼がなくてならない時代である。修得狩りで得たお金や、採集で採ってきた物を売って貫を稼いだのある。私の感覚からすると、当時100貫稼ぐということは現在の1万貫稼ぐ感覚に近い。しかも、モバイルや売り子を一切使用しないでである。だからこそ1文でも無駄には出来ないのである。

 砂鉄は自分で採集できる。問題は木材の8文である。そこで私は、伐採のできる知人に頼みこみ、木材を融通してもらうことをひらめく。知人欄を覗くと、丁度、侍の知人がいたので、対話をしてみる。すると…

 「あ、いいですよーどうせ木材いらないし、今採集してるから、取りにおいでよ^^」との返事。

あぁ、これがオンラインだよね!!

 鼻歌を歌いながら、教えられた場所に向かう。


つづく



猫の豆知識

 猫の鳴き声のパターンは16種類あるといわれているニャ!


 あぁ、やばい、思い出が止まらないw

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

 

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:0 

無印時代を振り返る part2

 にゃ!猫好きです。

  前回の続きな話


 さて無事に戦国の世に降り立った鍛冶屋。私はとりあえず城の外に出てみようってことで、野外に飛び出す。
初めて見る風景。今では風景などみてもなんとも思わないが、当時は全てが新鮮で感動した。
ここで本来なら、ネズミなどを狩って修得するのだが、当時の私はなにを思ったのか、いきなり諸国漫遊の旅に出る。たぶん色々な風景を見たかったんだろう。
ヨチヨチと足の遅い鍛冶屋は安全とされる道の真ん中を走り、無事甲斐と信濃の関所まで到達。途中、竹林でなにやら大勢の人がなにかを採集いている姿や、ものすごい速さで自分を抜いていく人。それだけでなんか感動していた。
関所を飛び越え、無事信濃に着く。そこは甲斐とは違い雪が降っていた。しばらく道を進むとまた関所。どうやら上野へ行けるらしい。私は意気揚々と関所を超えていく。

 画面が変わって、『上野』と表示された瞬間、上野の関所兵が襲ってきたのである。混乱するひよっこ鍛冶屋に

「ここは上杉領だYO!武田民は入ってきちゃダメだYO」

と言わんばかりに、一撃で鍛冶屋を撲殺…なにが起こったか理解できない私は、とりあえず墓場に行き、ここで初めて勢力図を見る。すると上杉と武田は敵対してる。実はサービス開始時、鯖は3個あったのだが、どこも史実に基づいて勢力の友好関係が決まっていた。当然信玄と謙信は敵対しているということになる。

 それからというもの、「外の国はおっかねぇ…」っとビビりになり、甲斐の国でひたすら修得狩りをすることになる。(本来ならこれが正解)

 今でも覚えている初めての対話はそんなネズミを狩っている時だった。ひたすらネズミを叩いていると、いきなり対話が。
「はじめまして^^。よかったら一緒にネズミやりませんか?」
私は初めての対話に一瞬動揺したが、なにごとも経験ということで誘いにのることにした。
「はい。わかりました。おねがいしますー」と周囲で返事…
すると近くにいたおんもーさんが駆け寄ってきた。初めての徒党である。緊張した記憶があるが、そのおんもーさんも最近始めたらしく、しばらくお見合いのような感じで会話をしながらネズミを狩っていた。すると…

「連携ってやってみたいんですが、いいですか?」

 !?連携ってなに???焦る私。分からないことは聞くのが一番ということで、連携について教えてもらう。

そしておんもーさんが「きゅーきゅーりつどうーなんちゃらかんちゃら」と唱えるとコマンドの上に『連携』が出現。そこをポチっと押すと、連携が発動。その破壊力に二人ともド肝を抜かれるw

「なにこれ、すげーw」 「超かっこいいー!」などと初の連携に二人ともはしゃぎまくり、それからは連携しまくった。

しかし、連携してから何戦目かのネズミ。戦闘画面に入ると、キュイーーンとねずみが渾身撃?の準備を発動。初めて見るモーションだったが、続けておんもーさんが起点を発動。わたしは連携に乗る。

 「あ!やばい」

とおんもーさんが叫ぶが、なにがやばいのか理解できなかった。

 バチコーンっとネズミの攻撃がおんもさんにヒット!当然ビリビリ状態に…

おんもさんは準備中に攻撃をくらうとヤバいことは知っていたようだ。それからはネズミの準備に注意しながら狩りを続け終了。最後にお互い初の知人登録して徒党は解散となった。
私の初の徒党、連携の思い出である。

つづく


猫の豆知識

猫が寝起きに、背伸びをしたりストレッチをするのには、次の狩りへの準備をするという意味があるニャ

 なんか話が長くなりそうな…

良かったら押してね^-^

にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
 
 

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:6 

来場者様
ご観覧者
現在の閲覧者数:
プロフィール
紺碧・浅井家所属・忍法忍者

アメショ

Author:アメショ

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ランキング参加
よかったら、ポチッとお願いしますにゃ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
【規約に基づく著作権表記】 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。「 (C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.」  このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。