スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

夜中のネズミ争奪戦!

 ちゃ!!猫好きです。最近やっとコタツに猫が入り始めましたw

  猫な話

 今回の出来事は、確か、去年の秋ぐらいだったと思います。

 いつものように信onを2時頃終えてトイレに行き帰ってくる途中、暗闇の中に猫発見!DSC_7143.jpgポッキー 通称ポーしゃん

 このポッキー、性格はおっとりで小心者、たまにおもちゃで遊んでいるが、スピード感がまったくないw
「ポー、それじゃ、獲物に逃げられるどw」などと家の中に獲物などいないのだが・・・

キッチンの隅に座り込んでいるポッキー。

 「なにしてるのーそこで。寒いからこっちおいで^^」

 「フゥーーーーー!」

 なんか怒られたwなんだ?なんだ?っと暗闇の中、目を凝らして見てみる





 「な、なんか口の脇から尻尾みたいなもの出てる!」



 そう、ポッキーが銜えてるものそれは・・・小さいネズミである><

 な、なんで家の中にネズミが・・・確かにうちは古いのは確かだが、ネズミは今まで見たことはない。

 額に汗しながら、「と、とりあえず、落ち着こう!」などと独り言

 ここで一番心配したのは、ポッキーが食べてしまうことではなく、その獲物を持っていくことである。

 そう、向こうの部屋で寝ているの元に・・・

 あんなもの枕元にポイっと置かれたら、怒り狂い怒髪衝天ばりのアッパーを繰り出すに違いない。

 私はとりあえず、部屋に通ずる扉をピシャリと閉める。 相変わらず獲物を銜えたままのポッキー。

 そっと手を伸ばすと、唸り声をあげて離す様子はない。しかし、ずっと銜えているのも疲れるのか、たまに
「ペッ」っとネズミを離す。その隙に奪おうとするのだが、またすぐ銜え、唸り声・・・

そんなやりとりが10分ほど続く。うーんどうしたものか・・・もうすでにネズミはお亡くなりになっている模様

 「仕方ない、最終手段を使うか!!」ここで私が手に取った物、それはドライフードが入った缶である。

猫は頭がそこそこいい動物。毎日ごはんの時に鳴る音を覚えているものである。

 「ポッキーごはんだよー」と缶を振る。いつもの音が鳴る。ポッキーは「ペッ」っとネズミを離す。
その隙に無事ネズミをゲット!!と同時に、隣の部屋で寝ていた他の猫2匹




「なになに!!!。こんな夜中にごはんですか!」

っと駆け寄ってくる。私は期待している猫たちの眼差しに観念して、少量のご飯をあげた。

その後、私はネズミを裏庭に埋めて「ごめんな・・・」と言いつつ供養した。

部屋に戻ると、なぜこんな時間にごはんを貰えたか知らない猫2匹は満足そうにしている。

しかし、ポッキーだけは、なにか不満そうであった。

猫の豆知識

 猫には残念ながら、寂しいという感情はないニャ。

 猫はやっぱりハンターなのねw
↓↓↓よかったらクリックしてニャ
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Tag:ねこな話  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
来場者様
ご観覧者
現在の閲覧者数:
プロフィール
紺碧・浅井家所属・忍法忍者

アメショ

Author:アメショ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ランキング参加
よかったら、ポチッとお願いしますにゃ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
【規約に基づく著作権表記】 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。「 (C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.」  このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。