スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

無印時代を振りかえるpart6-2

 にゃ!猫好きです。


 前回の続きな話


 かしこみが言いたいという、なんともトンチンカンな想いにかられた侍(中の人)。

死の頭巾に関して情報を集める。どうやら遠江にいる、坊主やら、カエルやらが落とすらしい。私は早速知人やら野良さんを集め、いざ、遠江を目指す。

当時は馬などはなく、目的地までひたすら走る走る。敵対している人などは、抜け道を利用してその場所までいく時代であった。

遠江の北の方にある茶屋に集合をかけ、ぼちぼちと集まり始める。そして狩場に行くと、まー人が多いw
流石、人気のアイテムだけあって、自分に使う人、売って一攫千金を狙う人など、目的は様々だが、とにかく4~6徒党はそこにいた。

当時の狩りはフィールドの敵がほとんどである。ゆえに、2,3徒党で狩りをすればたちまちNが枯れる。
現在の独眼竜や、九州などはその徒党だけの狩場なので枯れることはない。しかし当時は叩き負けると、経験も修得も一切できないという、まさに弱肉強食の時代である。これがあったから当時は単純なN狩りも眠気に襲われず、集中して出来たと思う。

 さて、そんな激戦区に飛び込んだ私達。すでにNは枯れ、何人かがグルグルと辺りを走り回りNを探している様子。私たちは、動き回らずに、湧く場所の近くで待機。しかし、周りには他のライバルたち。視点をグルグル回しNが湧いた瞬間、叩く!これが遅いと、待ちぼうけである。

「チキショー!また叩き負け><」

「くそぅ。あの人完全に、湧く時間計算してやがるwしかも場所も完璧すぐるw」

「あの人、マークしようwばれないようにw」

「あ、フェイントされたw」


まさに狩場は、欲望と殺気に満ちていたw。

何度か戦闘は出来たものの、死の頭巾はドロップせず。まぁそんな簡単に落とすわけもなくその日は解散した。

それから1週間、通い詰めたがまったく出る気配がなく、私は死の頭巾を断念。

ある日、採集していると、知人から対話が。

「おーい、頭巾手に入ったw」

「まじかー!いいなぁw」

「あげれないけど、貸してあげるw」

「うほwありがとう^^」

そして私はその知人から死の頭巾を貸してもらう。やっとかしこみかしこみ言える!私はドキドキしながら、死の頭巾を使ってみる。









 ハァァァァァァァァァァ!






はぁ~!?


そう侍では「かしこみ」は言えない。

ハァァァァーと言い続ける侍。

かしこみ、かしこみもーーすとモニターの前でくちずさむ中の人。




そして…










その光景を心配そうに眺めている母がいた。



 完



猫の豆知識

猫の年齢を人間に置き換えると、生後1年で人間の17歳相当まで成長します。それからは1年ごとに4歳歳をとる計算になるニャ。


にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Tag:信onな話  Trackback:0 comment:2 

Comment

深川なんとか URL|
#- 2012.03.18 Sun23:33
心配されるくだり、面白すぎるわw
アメショ URL|深川なんとかさんへ
#- 2012.03.19 Mon01:18
 ふふふwあの時の母の顔は忘れられませんw

コメントありがとう^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
来場者様
ご観覧者
現在の閲覧者数:
プロフィール
紺碧・浅井家所属・忍法忍者

アメショ

Author:アメショ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ランキング参加
よかったら、ポチッとお願いしますにゃ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
【規約に基づく著作権表記】 『信長の野望 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。「 (C)2003 KOEI Co.,Ltd. All rights reserved.」  このホームページに掲載している『信長の野望 Online』の画像は、『信長の野望 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。